カテゴリーアーカイブ ピックアップメンバー

著者:womanproject

矢﨑 路子 プロフィール


子育てママの応援サロン
チアママルーム 代表

mama育トレーナー

矢﨑 路子

やりたいと思ったことはやってみる

やれるだけのことは全部やる

やらないで後悔するよりやって後悔する方がいい

そんな信念を持って過ごしていました。

私は高校から社会人まで続けていたチアリーディングというスポーツを通して、仲間と力を合わせて一つの目標に向かい、自分たちのパフォーマンスを見ているお客さんに元気を与えることにやりがいを感じならが活動していました。

独身時代にやりたいことは全てやり切った。

 

母親という試練

私は現役を引退し、結婚後は愛知県に引っ越しました。

出産を経て母親になりました。

1日中、抱っこにオムツ替え、溜まる洗濯物、自分の食事もままならず、トイレに行くのも忘れるほど。。

私がイメージしていた、活き活きとしてニコニコ明るいお母さん像とはかけ離れ、そのギャップに苦しみました。

母親になるってこんなに苦しいものなの?

スポーツは自分が頑張れば頑張った分の成果が得られました。

仕事でも給料がもらえたり、良かれ悪かれ自分への評価がありました。

でも、子育てにはそれがありません。

私がしていることは正しいのだろうか?

外で癇癪を起こす我が子を見て、周りの人は私を「静かにさせられない、できない親」という目で見ているのではないか。

我が子が【できるようになること】が、私への評価につながると勘違いしてしまったのです。

 

段々とひどくなっていく夜泣き、癇癪、して欲しくない行動をすることが増えていき、睡眠時間もままならず、私はイライラするばかりで怒りの感情だけになりました。

心も身体もガタガタになっていきました。

苦しかったです。

 

育児の苦しみから脱却するきっかけ

このままではまずい。
私も我が子も共倒れしてしまう。

そんなある日、毛利理恵さんのmama育に出会いました。

学んでいくうちに、自分がどうしたいのかがわかってきました。

私は、子供と一緒に笑っていたかった、ただそれだけだったのです。

 

我が子は私の成果ではない、1人の立派な人間であり、生まれたその時から私とは別の人生がスタートしているのです。

そのことに気付き、物事の捉え方を変えていくことで、毎日の生活の中に「心穏やか」な時間が少しずつ増えていきました。

あの1番苦しい時にmama育に出会えて本当に良かったと心から思います。

今でもイライラして怒ることはあります。

そんな自分を許し、学んだことを諦めず実践していくことで、笑顔が増えました。

私の経験が誰かのお役に立てるなら、との思いで今度はmama育をお伝える立場になり、活動していきます。

 

子育ての喜びを多くのママへ

●ブログ

●Instagram

●みちこんぐチャンネル

著者:womanproject

森本 えりこ プロフィール

森本 えりこ

・mama育 トレーナー

・AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター

・JAMHA認定 ハーバルセラピスト

・クレイ・トラスト・リンク協会認定 クレイソムリエ

・自己肯定感カウンセラー

・自然療法サロン おーぷん・はーと 主宰

 

活動地域

神戸・兵庫、大阪、京都、奈良

●ホームページ
https://openheartenriko113.wixsite.com/kobe/mamaiku

●ブログ
https://ameblo.jp/open-heart-mamaiku1133/

●mama育 募集記事
https://ameblo.jp/open-heart-mamaiku1133/entry-12576341018.html

 

はじめまして

神戸市三宮で、自然療法サロン「おーぷん・はーと」を主宰しています、森本えりこと申します。

神戸市北区の自宅で、サロンをスタートしたのがちょうど10年前でした。

 

すべてを受け入れて…

阪神淡路大震災の年に生まれた息子は、先天性の命にかかわる病気があり、一命をとりとめるものの、とても身体が弱く、わたしは先の見えない子育てをしながら、

「10年後には子育てサロンをスタートしたい…」

という目標を希望に変え、たくさんの自然療法・セラピー・ワークなどに出逢っていきました。

息子はものごころついた頃からは、人と上手くコミュニケーションがとれにくい、診断のつかないグレーゾーンの発達障がいの特性があることがわかり、学校生活の中でもいろいろな問題が起き、向き合わないといけないことの質が変わっていきました。

そんな普通とはちょっと違った子育ての中で、私は、どんなことが起きても、周りに左右されることが少なくなりました。

そして、息子の良い部分を信じ、起きている問題の本質を見い出せるようになっていっていたのです。

かつて、自己肯定感が低く、周りの人の意見に振り回され、一喜一憂していた苦しかった自分が、次第に変わっていくプロセスを自分で自覚する中で、子の自然治癒力と内在されている未知数の才能を信じると共に、わたし自身の才能も豊かに発揮されていく経験をしていきました。

 

育て育てられて…

当初は子育てサロンとしてスタートした「おーぷん・はーと」でしたが、わたし自身が目覚めていく中で、アロマやハーブのレッスンをはじめ、さまざまなセラピーやヒーリングを教えていく側にまわっていきました。

セラピストさんやヒーラーさんを育てていきながら、さらに自分のやりたいことを見つけ出しては、積み重ねていく…

もちろん、子育てママさんのサポートをさせていただくこともありました。

息子が社会人になった頃から、これから先さらにどんな風に貢献できるのか~、なにがやりたいのか~

と考えるようになっていき、とても強く「初心に戻りたい!」と思いました。

先天性の病気を抱えて生まれてきた息子を、必死で育ててきた苦悩や葛藤、命、そして死に向き合っている恐怖心や不安、社会適応がしにくく、誤解されやすい部分を抱えながら社会との接点を見つけていくしんどい作業の繰り返し。

その中でいろいろなことと出逢い、いろいろサポートしてくださった方々との出逢いが、わたしを強くしなやかにしていってくれたように、子育てに孤独感やしんどさを抱えているママさんたちに、何かわたしだからできることをやっていきたい~

そうして、探し当てたのがこのmama育だったのです。

mama育を学ぶごとに、自分が出逢ってきたたくさんのセラピーの中にちりばめられているエッセンスと同じ部分を発見し、そして心理学という学問だからこそ、それを裏打ちしてくれ、腑に落ちることにすごく感動しました。

 

自分の人生を生きる

子育ての中で育てられていくママの資質や本来持っている才能を見い出し、そして、その方らしく自分の人生を生きていく

そんなお手伝いができたら嬉しいです。

ママが自分の人生をしあわせ感じて生きるようになること、ありのままの自分と子どもさんを信じ、才能のかけらを見つけ引き出していくこと

そんなママが増えていってくれたらいいなぁ~と思っています。

神戸三宮を中心に、兵庫、大阪、奈良、京都など関西一円で、このmama育をお伝えしていけるように、今後も学びを深めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。zoomやSkypeでのWeb講習も行っております。

 

活動地域

神戸・兵庫、大阪、京都、奈良

●ホームページ
https://openheartenriko113.wixsite.com/kobe/mamaiku

●ブログ
https://ameblo.jp/open-heart-mamaiku1133/

●mama育 募集記事
https://ameblo.jp/open-heart-mamaiku1133/entry-12576341018.html

 

著者:womanproject

葛谷 祥子

葛󠄀谷祥子

心理カウンセラー
mama育トレーナー
Being upリーダー
子どものこころのコーチング協会インストラクター
親子英会話サークル主宰

 

母になった意味

私には小学1年生の娘がいます。

ただ、結婚する前までは、「私が母になることはない」と漠然と思っていました。

しかし、その後、結婚することになり、母になれるかもしれないのなら、「母になりたい」と思いました。

ありがたいことに結婚2年目に女の子が生まれました。

自分が経験することはなかったかもしれない子育てをするのはとても幸せなことでした。

すべてが新鮮で、夢ではないかと思えるくらいでした。

しかし、子どもの成長とともに辛くなってくる子育て。

どうして良いか分からず、心理学の扉を開きました。

心理学を学んでいく中、子育てのことだけでなく、自分自身を深く知る機会が増えました。

そして、私が母になった意味は、「自分自身に向き合い、自分を育てるため」。
それを、私に教えてくれるために、娘が私のもとに生まれてくれたのではないかと思うようになりました。

 

子育ては自分育て

現在の私は、子育て講座、小さなお子様と一緒に参加する親子英会話サークル、個人セッション(カウンセリング・コーチング)などを開催しています。

子育て中のママが一人で悩まずに、「気楽に参加できる・気楽に話せる・子どもとの絆を深め、母になって良かったと感じられる」そんな場所を提供しています。

昨年より、仲間と共に、「ぎふママカレッジ」を立ち上げ、みんなで力を寄せ合うことで、より多くのママたちをサポートできればと思い、活動しています。

私自身もママたちをサポートする活動をしながら、今もなお、自分自身と向き合い、自分育てをしています。

自分育てが完了することはありません。
私自身、子どもの成長とともに、また違う自分と出会い、悩み、どうしていきたいか、どうしていこうかを考え続けています。

自分の心に迷いが生まれた時、誰かに寄り添ってもらいたいと思った時、そこに誰かはいます。
講座、個別セッション、ぎふママカレッジと、ご自分が安心して参加できるものの扉を、まずノックしてみてください。

 

今後の開催予定

●mama育

3月4日(水)
3月11日(水)
10時~13時
岐阜市内
詳細、お申込みは「ぎふママカレッジ」HPをどうぞ。
https://gifumamacollege.jimdofree.com/

 

●我が子をもっと抱きしめたくなる子育て相談

(カウンセリング及びコーチングセッション)
2020年3月まで期間限定無料モニター募集中

HP http://mommyshug.peewee.jp/

 


ブログ https://ameblo.jp/mommys-hug

著者:womanproject

心理カウンセラー 大西ますみ

人生をデザインするサロン
salon de lune【サロン ド リュヌ】代表
人生デザイン家

大西 ますみ

<資格>
心理カウンセラー
mama育トレーナー
Being upリーダー
カラーナビHOPナビゲーター

プロフィール

私には、二人の息子がいます。
でも、元々子どもが苦手でどうしたらいいか分かりませんでした。

子育ての葛藤

授かりたくて望んで産まれてくれた命。

なのに、初めての子育て、手探りで四苦八苦の日々。

オムツの替え方や、授乳の仕方、沐浴の仕方は、産院で教えてくれても
夜泣きや、子どもの癇癪や、接し方、声のかけ方、いったい何をすればいいのか誰も教えてはくれません。

周りのお母さんみたいに、子どもに一生懸命になれなかった罪悪感もありました。

仕事をしていたのもあり、二人とも1歳で復帰したので育児放棄と言われたこともあります。

母親業は、自分を犠牲にして自分の心を押し殺してするものなのか??
それが本当に子どものためになるのか、葛藤がありました。

決して子どもを愛していないわけではなく、愛情はいっぱい注いでいました。
ただ分かりやすく言うと、キャラ弁を作ることが私の愛情表現ではなかったのです。

○○くんママでもなく、○○さん家の奥さんでもなく、
ひとりの女性、大西ますみとして生きたかったのです。

こんなはずじゃなかった子育て。
こんなはずじゃなかった結婚生活。
こんなはずじゃなかった私の人生。

このままでは終われない!!

漠然とそう思い、長年勤めた会社を思い切って退職。以前から興味のあった心理学を学ぶことを決意しました。
〝岐阜・心理学〟でネット検索しヒットしたのが、「ウーマンプロジェクト東海」でした。
ご縁を感じ、早速、理事長 毛利理恵さんが開催するコラージュセラピーに行ったのがはじまり。

理恵さんの温かい雰囲気と、団体の理念に共感し、心理カウンセラーやmama育トレーナー養成講座を次々と受講。

 

後にウーマンプロジェクト東海の副理事長でもある澤田有心子さんが代表を務めるBeing up協会のリーダーとなりました。

 

なぜ学びたかったのか。

人間関係や子育てに生かしたいのはもちろん、どこかの誰かのために私にできることをしたかったのです。

それは、私が若い頃のどん底な時代、今では考えられないけれど一切の連絡を絶ち、命と向き合う経験から
その時助けてくれた友人や家族、周りの方々の支えをひしひしと感じたことが根底にあったのかもしれません。

会社員時代、副業で聴き屋をしていました。
私が誰かに話を聴いて欲しいと思うことがあったので、必要な方がいると思い、どんな話もただただ聴いていたのです。
年齢・性別も様々で、内容は多岐に渡りましたが、お客様は大抵最後には「すっきりしました」と晴れやかな声でご感想をいただくことが多かったのです。

〝人に話を聴いてもらう〟これはまるごと自分を受け止めてもらえた安心感と、モヤモヤを手放すことで心が軽くなるのではないでしょうか。

たった一人でも自分のことを分かってくれる人がいることは、とても嬉しいし、心強いと思います。

日本ではまだまだカウンセリングは一般的ではありません。
人に話すことを躊躇ったり、自分をさらけ出してはいけないような風潮があります。

自分の想いを、自分の考えを伝えられない人も、
困っているのに助けてを言えない人も、
悲しいのに元気を装う人も、
色んなブロックを外して、変わりたいと思っている方の背中をそっと押していきたい。
そんな想いで、カウンセリングや子育て講座・講演をしています。

私も誰かのために何かのために、私なりの方法で伝えられることを伝え、変わるきっかけを与えられる人間になりたい!!

社会貢献と思って活動してきましたが、もはや〝貢献〟ではなく、〝使命〟なのではないかとさえ思っています。

決してコミュニケーションが得意でも、自分に自信があるわけでもありません。
不器用なりに、真摯に向き合い、心の声を聴こうとしているだけです。
饒舌に語ることも、上手に立ち回ることもできません。
でも、それでもいいと思っています。それだからこそいいと思っています。

背伸びせず、自分サイズで歩める人生を私はゆっくり歩んでいきたい。

ママだから、主婦だから、女性だから・・・そんなことで諦めてしまってることはありませんか?

他人軸で生きるのではなく、自分軸での生き方。自分は何をしたいのか、何を感じているのか、心の中に在るものを大切にして
そんな生き方を多くのママに知ってほしいと思い、人生デザイン家として歩むことにしました。

そんな母の背中を子どもたちには見せたいです。
大人になることが楽しみになるような、そんな世界を見せたいです。

 

一緒にママとしての人生、ご自身の人生を思いっきり楽しんで生きてみませんか?

そのためのコツや在り方をお伝えしています。カウンセリングでお話を聴くこともしています。
あなたの想いをひとつひとつ私に伝えてください。

直近は今月mama育初級を開講します。

mama育は子育て講座に留まらず、自分育てにもなります。
私も誰かのためにと思って学んだことが、全て自分に返ってきました。
mama育を体感すると、子どもといる時間が楽しくなります。ママの人生も楽しくなります。

日時:1月12日(日)、1月26日(日)午前 2日間

場所:みんなの森 ぎふメディアコスモス(岐阜市)

詳細・お申込みはこちらのサイトからお願いします。
https://gifumamacollege.jimdofree.com/

 

個別カウンセリングやBeing upシートセッション、講座・講演依頼は随時受付しています。
まずはお問い合わせください。

ホームページ
http://salon-de-lune.lovexlove.net/

*************************

ママたちの居場所づくりをしたいと昨年仲間と立ち上げた
岐阜市民活動登録団体「ぎふママカレッジ」

孤育てをなくし、ママたちが話せる場・繋がれる場を作りたかったので、設立を決意。
〝集う・学ぶ・楽しむ〟をコンセプトに毎月定例のママカレcafe(お話会)やヨガ、
その他各種講座やワークショップ、イベントなどを開催しています。

ママたちをひとりにしない、ひとりにさせない
そんな想いで、ぎふママカレッジは在り続けます。

お気軽に遊びにいらしてください。

ぎふママカレッジHP
https://gifumamacollege.jimdofree.com/

著者:womanproject

心理カウンセラー 村松香菜子

村松香菜子 プロフィール

《資格》
心理カウンセラー
アンガーマネジメントインストラクター
耳つぼインストラクター
健康管理士
産前産後インストラクター

東海三県を中心にアンガーマネジメントを中心として子育て中のママや子供たち、そして多くの自分に困っている方に笑顔を届けるお手伝いをと活動しています。

多くの人に笑顔を届けたい、人との繋がりや結びつきを楽しんでもらえる社会を作りたいという思いで多くの方に出会い、自分について知ることで何を大事にしていきたいのかを考えられる気持ちを持ってほしいと願っています。

 

育児の壁

私は大学・専門学校を卒業しました。

けれども専門学校に通っている途中で妊娠・結婚をして卒業後、すぐに子供が生まれそれまで家事は手伝い程度しかしたことがなかったのに、一度に家事と育児が始まりました。

それだけでも、気持ちに余裕がなく毎日服装・髪型などに気を使うこともできず追われるように過ごしていました。

加えて子供の成長スピードが一般的なものより早く、4が月ごろから少し目を離すと居なくなったり、いたずらをして手におえなかったりする日々が続き、子育てサロンに行っても同じ年頃の子より動くため、みんなに迷惑をかけてしまう。

周りの子がけがしたらなど、心配が絶えず、行かなくなりました。

それからは幼稚園のお迎え、その続きの公園などでの遊び以外、日によっては買い物にも行く気力がなく、夫の帰りが遅くても話を聞いてもらいたくて話をすると、面倒臭く思われたことから話をすることにも抵抗を覚えて行ってしまいました。

心理学との出逢い

三人の息子が少し大きくなったときアンガーマネジメントに出会い、心理学に興味を持ったことから澤田有心子さんのアドラー心理学と毛利理恵さんの交流分析を主とした子育て講座に参加しました。

学びを続行けていく中で、それまで怒鳴ったり手をあげたりしていた子育てを見直し、自分も子供たちも気持ちが楽になりました。

徐々に子供たちと話す時間を増やし一緒に考える時間を作るようになりました。

 

子どもたちの変化

現在では、子供たちとの関係は良好で、子供たちからも「困ったときはお母さんに相談するね」と言ってもらえるようになりました。

家庭の中を見ても、だれか一人だけが問題でなく、一人ひとりが考え思いやりを持つことで、笑顔が増え多くの繋がりを持つことが出来ると考えています。

一人でも多くの人が、真の意味での「楽になれる世の中」にしていきたいと思います。

子供から大人まで、幅広い世代とつながりを持ち伝えていくこと、話を聞いてあげられる存在に成れることを目指して活動しています。

 

ウェブサイト

ホームページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/vn9cr

 

ブログ

https://ameblo.jp/ivkana/

 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004379495585

 

講座風景

著者:womanproject

心理カウンセラー 清水 真理

私を選んで生まれてきてくれた娘
たくさんの『気づき』と『出会い』を運んできてくれました。

私はあなたに出会うために
あの日、あの時、あの選択をしたのだ…
そんな風に受け止められるまで時間は掛かったけれど
今、私は母である自分を愛し、娘や家族と共に生きていること
自分に嘘なく笑顔で過ごしている毎日に感謝しています。

 

あなたにとっての ”ちょうどいい” がきっとある

甘えたい気持ちを抑えて、親にとってのいい子を演じていた幼少期
摂食障害になり、不登校を経験した思春期
待望の我が子を受け止めきれず、不甲斐なさと絶望感を抱き続けた産後

困難に出会う度に自分を責めました。
環境を責め、人を責め、自分を諦めようと思った時
私がしてきたこと
それは、『私にとってのちょうどいい』を選択してきたということに
心理学の学びと出会い気づくことができました。

そこには、私を評価するのではなく
『大切な存在』として受けとめてくださる方々との出会いがありました。

 

どんな時も選択肢はひとつじゃない

今までも、今も、これからも、私たちは
何かに迷った時
困難に出会った時
もうダメかもしれないと思った時にも
自分で選択をして歩んでいます。

その時は自分が選択した感覚はないかもしれない…
その時は誰かの意見やアドバイスに従って選んでいたかもしれない…
でもね、最後に一歩進む決断は自分がしてきたのではないでしょうか。

もし、選択肢がないと感じることがあった時、選択肢が欲しいと思った時には
会いたい人に会いに行ってみてください。話してみてください。

私は自分以外の誰かの考えを聴くことが大好きです。
そこには共通点もあれば、私にはなかった感覚を感じることができるから♡

『違い』からの気づき
『違い』からの選択肢

その中から自分で選んで決めれば大丈夫♡

それぞれのステージで、それぞれのポジションで
立ち止まった時に寄り添える存在でありたいという想いで活動をしています。

誰かに会いたくなった時、話したくなった時、思い出して頂けたら嬉しいです。

 

ホームページ
https://place4woman.com

ブログ
しみまり流『わたしスタイル』でうまくいく*自分で選ぶ笑顔の人生
https://ameblo.jp/place4mama/

■Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100026051610328

 

著者:womanproject

志田 美智代

NPO法人ウーマンプロジェクト東海
交流会ファシリテーター
認定mama育トレーナー

ママ塾協会 代表理事
みちしるべーす主宰
HSPプロカウンセラー
自己肯定感カウンセラー

子育て講座や心理学講座など開催し、自分の人生の選択肢を増やすためのコンサルなども手掛けている。

 

~志田美智代からのメッセージ~

思い出してください。
あの我が子に会った瞬間を。

我が子に対する想いを胸に、熱い想いを抱きながら出逢いましたよね。

でも・・・

「自分がママではダメなんだ」

「もっとよい子育てをしたい」

「我が子に理想の将来を」

今はそんな風に願ってはいませんか?

 

そう望むママに

「未知」

知らないから怖いことを知って

「道」にする。

そして理想の将来(やる気、行動力、賢さ)の3拍子揃った子育てを提案しています。

 

かつては鬼母だったときも

教育現場ばかりにいる私でも
かつては鬼母のときがありました。

それも子どもに少しでも
「いい子」でいてほしかったから。

だけど、それは自分の勝手な想いで
子どもにはそれぞれの成長期がある。

 

私がかつてマニュアルに縛られて・・・
悩んでいた無駄なこと。

大切な限られた子どもとの時間。

それなのに、そんな時間を過ごしてほしくないのです。

 

子どもを信じるチカラが子どもが伸びるコツに変わる

ただ知らないだけだから、
悩んでいる方に寄り添える力をつけ

mama育としては、
オリジナルのベビー版、思春期版といった
教育現場にいるからならでは、の提供をしています。

さらには、
今ではオリジナル講座「ママ塾」をはじめ
いろんなツールをその方に合うものを
提供しています。

 

最後に・・・

これからの子どもたちは
とても大きなものを背負っていきます。

そこに耐えることのできる
将来を明るく捉えることができるお子さんを

一緒にぜひ育てていきませんか。

お気軽にお声かけくださいね。

 

ホームページ
https://micchannsensei.com

ブログ 
https://ameblo.jp/kumonikumon8

facebook    
https://www.facebook.com/micchansensei

 

無料メール講座

やる気、行動力、賢さ 3拍子揃う子育てのやり方無料メールレッスン
https://resast.jp/subscribe/113073/139922

読むだけで子育てが楽しくラクになるメルマガ
https://resast.jp/subscribe/69744/1141655

小学校までに身につけておきたい国語の7つの習慣メール講座
https://resast.jp/subscribe/69716/66174

公式LINEアカウント
https://line.me/R/ti/p/%40bje4026k

著者:womanproject

桝家 佳美(ますや よしみ)

NPO法人ウーマンプロジェクト東海
認定心理カウンセラー
mama育トレーナー

産前産後ヘルパー
産後学履修
認定プレシャスマミー

桝家 佳美(ますや よしみ)

 

生きづらさからの脱出

生きづらさとお友達
今振り返ってみると、私はずっとそう思って生きてきたように思います。

いじめ登校拒否うつなど、精神的に辛い経験もたくさんしてきました。

どうして私ばかりこんな目に遭うのだろう…
と思いながら、不運な自分を恨むことしかできない人生…

楽しいことや幸せなことがあっても、私の土台は不運と生きづらさでできているからまたすぐそこに引き戻されるのだろう

どこかでそんな風に思って生きてきました。

そんな私ですから、育児も、楽しい、幸せ!よりも、うまくいかない辛さ、苦しさの方が勝っていき、ノイローゼになりました。

 

人生の転機そして今

そんな私に転機をもたらしてくれたのが、心理学との出会い、そして当団体代表理事である毛利理恵さんとの再会でした。

少しずつ心の闇から解放されていく感覚、幸福感が増していく感覚は、学びを通して出会った仲間のおかげでもあります。
これは無視できない大きなチカラです。

現在は、数々の経験を通して、心と体の関係は切り離して考えることはできないという考え方に至り、両面を大切にする生活を実践中です。

また、発達障害と診断され、さみだれ登校という二次障害が出ている息子と向き合う日々を送っています。

悲観なく穏やかにいられるのは、学んだおかげかなと思っています。

現在、「優しさ」を軸に心理カウンセラー、講師として活動しています。
叱られたら嫌だなぁ、という不安はここでは不要ですよ♡
安心感・幸福感をupさせて実りある人生を送る人を増やしたいという思いを大切にしています。

ぜひ、お気軽に会いに来てくださいね。

 

ブログ

自閉症スペクトラム障害と診断された息子のことと育児をきっかけに向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーとしての活動のこと*そのほかちょっとした色々を書いています。

https://ameblo.jp/ippukuhitoyasumi/

 

お問い合わせ

TEL 080-5102-8486 (ショートメッセージOK)
E-mail hmc.yoshimi@gmail.com
LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40mbg9322j

※ホームページは準備中です

著者:womanproject

野口久美子 プロフィール

NPO法人ウーマンプロジェクト東海
認定心理カウンセラー
Being upリーダー
ELM勇気づけリーダー
野口久美子

名古屋市周辺を中心に、子育て中のママに向けた心理学講座・セッションを行っています。

ママの心に癒やしと学びをお届けすることで、幸せ家族が増えることを願って活動しています。

 

家庭が安心できる居場所であるように

突然ですが、私は『家族』が大好きです。
一家団らんのひと時、皆が集うひと時が私にとっては活力の源なのです。

けれど、家族というのは、距離が近いからこそ様々な問題も起こりやすいもの

それを最初に感じたのは、子どもの頃でした。

同居の苦労に傷つき涙する母の話をよく聞いていた私は、子ども心に『どうしたら母の悩みを解決できるのだろう』と思っていました。

それがカウンセラーを志す原点になっています。

 

想像していなかった子育ての苦悩

やがて、私も大人になり、三児の母になりました。

夫とも仲良く、優しいお母さんになれる自信はありました。

けれども、子育ては思い通りにいかないことの連続。特に、長男と2歳差で次男が生まれた後が大変でした。

次男の癇癪には手をやきました。泣き出すと1時間以上続くので、私も怒る、怒っても泣き止まない、最後は私も泣きたくなってしまうのでした。

自分の育て方に自信が持てず不安、疲れやイライラもあり、子どもが生まれるまではあんなに仲良しだった夫との関係も悪くなっていきました。

こんな毎日をなんとかしたいと、もがくけれど、返って子どもの癇癪も夫とのケンカも増えて、悪循環。

「このままではいけない!」
とアドラー心理学を学び始めました。

子育てにイライラ・夫婦仲悪化
⇒安心と信頼の関係性へ

アドラー心理学の学びの中で、私はまず自分自身と向き合い、自分のことを欠点も含め受入れることができるようになりました。

そして、目の前の問題を何かのせいにするのではなく、自分の問題として引き受ける勇気を育てることができました

そこからです。私は少しずつ変化し、行動も変えていけるようになったのは。気がつけば、家族の互いの欠点も困った行動も目立たなくなってきて、何より安心と信頼ができる関係性になったと思います。

もちろん、子育て真っ最中の現在、落ち着いてばかりいられないことも正直あります(笑)

それでも自分の中にある大切にしたい心の軸が私を支え、どんなことがあっても大丈夫と、明るい希望と自信を持つことができています。その心は家族にも伝染しているように思います。

そして母の悩みを解決できなかった、という罪悪感も消え、母からの心の自立もできたかなぁと感じています。

何よりも母への感謝と共に、、

 

家族であっても1人1人違う人間
それぞれの価値観や違いを尊重し協力し合える関係に

ご一緒に学びませんか。
いつからだって、今いる場所を変えられる
ママが学んでつくろう sweet♡homeに

 

●アメブロ
https://ameblo.jp/whitemarble0113

●インスタ
https://www.instagram.com/nogcocoro

●FB
https://www.facebook.com/whitemarble0113

著者:womanproject

mama育トレーナー 細川あき

現在も学び続けている交流分析がベースの「mama育講座」や、対話を重視して自らの気づきを促す「おひさまるーむのおしゃべり会」など「話す」「聴く」で一緒に悩みを解消しながら、神奈川県茅ヶ崎市、藤沢市を中心とした湘南地域でママが自分を知るためのプロセスをあたたかくサポートしています。

 

湘南で広がるママの笑顔

あなたの心に残る癒しがここにあります。

はじめまして。
「自分を知る」の専門家 細川あき と申します。

私は『叩くお母さん』でした。自分の怒鳴り声に余計にイライラして、暴言を吐く。
そんな自分が大嫌いでした。

​​また産後クライシスにより夫婦仲が悪化し、ついには夫からの 離婚宣告 。

​生まれて初めてカウンセリングを受けるうちに「離婚したい夫を何とか変えたい」という希望よりも、とにかく自分を知りたいと思うようになりました。

私には人間関係でいつも失敗する、ある癖があったのです。

​​

夫との離婚騒動から自分を知るために、それまでの独学をやめて先生について勉強することにしました。

現在も「交流分析」という心理の学びを続けています。

​​

また長年持ち続けていた「人間関係で失敗する癖」を手放すことに成功し、現在では夫と結婚を決めた時よりも良い関係を継続中です。

​最期のお別れの時、自他ともに認める『ベストカップル』になることを目標に今なお努力を続けています。

​夫婦関係が良好だと、子育てにも良い影響を及ぼす

私自身がそう体感したから、​以前の私が欲しかった場所を作りました。

ママ友と話すよりももう1段深い心の中のことが安心して話せる場。

それが湘南おひさまるーむです。

【HP】https://shonanohisamaroom.wixsite.com/ohisamaroom

 

おすすめ無料メール講座

▼画像をクリックしご登録ください。

 

また起業ママが好きなことを仕事として続けていくためには、折れない心やストレスを受けにくいメンタルを手に入れることが最も必要と感じた経験から、「起業ママのための継続メンタルケアサポート」を構築。

家事、育児、事業を楽しんでこなす充実した女性の生き方を心理面から応援する活動をしています。

【ブログ】https://ameblo.jp/shiawase-adviser
【LINE】http://nav.cx/dx8APdD