【満席】2/1夢叶うお茶会

著者:womanproject

【満席】2/1夢叶うお茶会

夢叶うお茶会とは

今、「自分の能力や経験を活かし、仕事にしたい」と願う女性が増えています。

しかし、ゼロからの出発は様々な疑問や不安がつきものです。

また、起業しても軌道に乗せるためには、様々なスキルが必要になります。

そこをサポートするための企画です。

 

11月1日に第5回目となる夢叶うお茶会を開催しました。

満員御礼ありがとうございます。

 

11月のおやつは手作りパン♪
美味しく楽しく有意義な時間が参加者様と過ごせました♡

 

今まで参加くださった方の感想を一部ご紹介いたします。

後押しをいただけました

志田 美智代 さん

オリジナル講座への後押しをまたしていただけたのと同時に、参加者の方からの質問で、受けるとどんなメリットがあるか、何ができるようになるかをまた言語化できました。

他の参加者さんへ「こうしたら?」のアドバイスは全部自分が自分に対して持っているものだと気づけました。


美智代さんは子供たちの生きる力を育てるための活動をしています。
学習はもちろん【子どもたちが自分で考え行動できるようになるためのノウハウ】をお伝えしています。
美智代さんのブログは▶こちら

一歩進めたような気がする

ST さん

はじめて夢のことを口にしました。

“自身がない、勇気がない”だからできないって思ったけど、そうでもないなと思えるようになりました。

語ってみて、初めて自分の気持ちにも気づけました。

参加してみて一歩進めたような気がします。


夢を持ち語るというのも勇気がいるものです。
その一歩を今日踏み出したことで、夢は現実となっていきます。
夢の実現を応援しています♡

思いが固まった

KM さん

本日も大変勉強になりました。

人に話すことで決心できる!!
思いが固まりました。

不安はみーんな誰でも持っているもので、それをどう変えて受け止めていくか…。
最初からうまくなんていかなくて当たり前で、1コずつ進む力があればいいんだってこと。

これからも色々な方と関わることで自分が大きくなっていける気がしました。


この場で、したい事の実現「講座開講」が決定しました。
すでに参加したいという方が5名!すごいです☆
思いを語ることでカタチになります♡

 

想いを言葉にすることで、自分の想いが更に定まります。

また、他の方の想いを聞き、その夢に向かう姿からはエネルギーがもらえます。

不安なことも、自信のなさも視点を変えるとで勇気に変わります。

そんなアプローチを今後もご提案いたします。

▶第1回目の開催報告

毛利理恵

▶第2回目の開催報告

CIMG2027_01

▶第3回目の開催報告

▶第4回目の開催報告

 

また、12月には『夢叶う望年ランチ会』と『大人の夜会』を開催し、はじめまして同士の方も和気あいあいと会話でき、多くの笑顔で溢れました。

参加くださった方より、「この初めましての感覚がない、空気感、いいですね♡」と言っていただけ、嬉しく思います。

 

『夢叶うお茶会』のご案内

夢をカタチに

自分の知識を何かのカタチで活かしたい方

これから何かを始めたいと思っている方

すでに何かをしている方

共に前進する仲間が欲しい方

モチベーションを上げたい方

第三者の意見を聞きたい方

気軽に相談したい方

自分の経験と能力を何かのカタチで活かしたいと思っている方ならどなたでも参加いただけます。

※男性も参加いただけます。

※当お茶会のファシリテーターは理事長毛利が担当します。

お一人15分のヒアリングで、している活動・お仕事の方向性を明確にしていただきます。

また、集まる方からのご意見もいただけ、充実した時間となっております。

 

 

第6回 夢叶うお茶会

日程

2019年2月1日(金)
10:30~12:30

※3月以降のお申し込みも可能です。

会場

なごみ空間
岐阜市鍵屋西町2-57-2
アクセス

定員

8名(満席)
※3月以降のお申し込みも受付中

参加費

1,500円(会員 500円)
※飲み物・お茶菓子代含む

会員制度の詳細

 

今後の開催予定

3月4日(月)10:30~

4月10日(水)10:30~

5月2日(木)10:30~

6月4日(火)10:30~

7月2日(火)10:30~

 

お申し込み・お問い合わせ

※JR岐阜駅より送迎希望の方はその旨お問い合わせ欄にご記入ください。

必要事項を入力の上、送信ボタンを押してください。

■ お電話番号(必須)

■ 参加希望月(必須)
2月3月4月5月6月7月9月10月11月12月

■ ブログをしてみえる方はブログのURL

 


著者について

womanproject administrator

コメントを残す