6/4 夢叶うお茶会

著者:womanproject

6/4 夢叶うお茶会

次回の夢叶うお茶会は

2019年6月4日(火)
10:30~12:30

 

夢叶うお茶会とは

誰もが持つ夢や理想の人生。

その夢を語り合うことで、勇気とワクワクがもらえモチベーションが上がります。

また、夢を持ちゼロからスタートする際には、様々な不安や疑問、そしてスキルが必要になります。

そこをサポートするための企画です。

 

5月7日に第9回「夢叶うお茶会」を開催しました。

 

毎回、心を込めて手作りおやつをご用意してます。
今回は小豆から作ったきんつばと手作りパン。
喜んでいただけ嬉しいです。

 

参加者さんの感想

学び多い時間・不思議な体験

各々が違う思いや夢を語る数分間なのに、どうしてこんなに学べるのか!?

なんとも不思議な体験ができました。

初めて参加しましたが、何度も参加すると、学び、体験…が実現に繋がっていくかも?!?な夢叶うお茶会でした。

ありがとうございました。

希望がもらえ、変わっていけそう

今日は素敵な時間をありがとうございました。

本当にご縁を頂いたのは、とっても意味のある事だと感じました。

理恵さんの、皆さんを大事にしてるところもひしひしと伝わって来ました。

皆さん、しっかりとした夢を持って、真剣に向かっている姿がとてもキラキラしてみえました。
でも、自分と同じようにそうでない時期もあったと言われ、諦めなければ大丈夫だと希望をいただきました。

これから変わっていけそうです。

また是非参加させていただきたいです!

ワクワク勉強になりました

他の方の経験や夢を想像して、ワクワクや勉強になりました。

みなさん、生かされていることを形にしていてスゴイと思いました。

また参加します。

心折れそうなとき立ち直れる場所

色んな方と出逢うことが出来て、色々な方の想いや考えを聴くことが出来ることが嬉しいです。

自分の心が折れそうな時があっても、また立ち直ることが出来る場所でもあります。

いつもありがとうございます。

出会いは必然!

今日もありがとうございました。

理恵さんが以前よりも輝きが増していました!

出会いは必然ですね。今後ともよろしくお願い致します。

 

想いを言葉にすることで、自分の想いが更に定まります。

また、他の方の想いを聞き、その夢に向かう姿からはエネルギーがもらえます。

不安なことも、自信のなさも視点を変えるとで勇気に変わります。

そんなアプローチを今後もご提案いたします。

▶第1回目の開催報告

毛利理恵

▶第2回目の開催報告

CIMG2027_01

▶第3回目の開催報告

▶第4回目の開催報告

また、12月には『夢叶う望年ランチ会』と『大人の夜会』を開催し、はじめまして同士の方も和気あいあいと会話でき、多くの笑顔で溢れました。

初参加くださった方より、「この初めましての感覚がない、空気感、いいですね♡」と言っていただけ、嬉しく思います。

第6回開催報告

第7回開催報告

第8回開催報告

 

『夢叶うお茶会』のご案内

夢をカタチに

自分の知識を何かのカタチで活かしたい方

これから何かを始めたいと思っている方

すでに何かをしている方

共に前進する仲間が欲しい方

モチベーションを上げたい方

第三者の意見を聞きたい方

気軽に相談したい方

自分の経験と能力を何かのカタチで活かしたいと思っている方ならどなたでも参加いただけます。

※男性も参加いただけます。

※当お茶会のファシリテーターは理事長毛利が担当します。

お一人10分程のヒアリングで、している活動(お仕事)や自分のありたい姿の方向性を明確にしていただきます。

また、集まる方からのご意見もいただけ、充実した時間となっております。

 

 

第10回 夢叶うお茶会

日程

2019年6月4日(火)
10:30~12:30

※7月以降のお申し込みも可能です。

会場

なごみ空間
岐阜市鍵屋西町2-57-2

定員

8名(残1)

※6月以降のお申し込みも可能です。

参加費

1,500(会員 500円)
※飲み物・お茶菓子代含む

会員制度の詳細

 

今後の開催予定

7月2日(火)10:30~

9月2日(月)10:30~

10月2日(水)10:30~

11月1日(金)10:30~

12月は望年ランチ会
※会場が変わります。日程は後日。

 

お申し込み・お問い合わせ

※JR岐阜駅より送迎希望の方はその旨お問い合わせ欄にご記入ください。

必要事項を入力の上、送信ボタンを押してください。

■ お電話番号(必須)

■ 参加希望月(必須)
2月3月4月5月6月7月9月10月11月12月

■ ブログをしてみえる方はブログのURL

 


著者について

womanproject administrator

コメントを残す